« 国試真っ只中!応援しています。 | トップページ | 私立中学、合格おめでとう^_^ »

H君へ

Hちゃんへ!

2歳からずっと予防歯科で来院して頂きました。Hちゃん。お連れ頂くお母様のおかげです。虫歯を作らせたくないお気持ちをお伺いし、検診、フッ素など、Hちゃんの成長に応じ、予防歯科を取り組んできましたね。虫歯なし! いつも、楽しそうに来院して下さいましたね。大好きだよ。大きくなり、今、前期試験に向けて、全力投球だね。真面目な性格がわかるよ。先週のお話で見えてきました。今までは、いえ、去年までは、試験当日、問題だけに集中することへの課題に日々思い悩みながら、それでも、持ち前の真面目さ、ご両親に迷惑かけられない気持ちやね…2歳からずっと今に至るまでその年代の悩みや苦しみをお伺いして…自分の弱さを人に話すこと、なかなかできないです。よく、話してくれました。少しでも気持ちが楽になるお話ができたらと…微力ながらいつも思っています。絶対に絶対にあなたを応援し続けます。絶対にだよ!! あんなに応援してもらったからとね。入試での自分の力が発揮できなくての辛いお話もしてもらった…Hちゃんの人に対する義理堅い性格がよくわかります。私なんかに…よく、話してくれてって思っています。Hちゃん。先週もお話しましたが、今年のセンターの解き抜く際のお話をお伺いしてね。あなたの本番での問題を解き抜き方、一年かけて変わってきたと感じています。他人が気になり、この問題ならばみんなが解けるか?問題に向かう際、他のことを考えてしまう自分ではないのです。解き出す際は、ちょっとはね。あるけど、すぐ、立て直しができるように変わった。ちゃんと、問題だけに向かえる自分に変わったんだよ。センターの解く過程を聞いてそう確信しました!!今年のセンターの最初は、こうだったけど、途中からこうなってミスを発見したり、すごいよね!!大丈夫だよ!!無責任な発言ではないです。Hちゃんのとの会話から見えてきました。他人を意識せず、問題だけに向かえる自分に変わったんだよ!自信を持ってね。自分は、一生懸命だからわかりにくいかもしれない。真面目に今まで勉強してきた証だよ。後は、時間配分の調整、難問はどのタイミングで…他の問題に向かうか?記述の解答については、部分点をどれだけもらえるか?Hちゃんの方がよく知ってるのに^_^でもね。自分がいっぱいになると見えなくなったり、真っ白になっり、みんな、色々あるから、少しでもそんな時の気づきになればと思い…最後まで諦めずに精一杯問題を大切に丸つけして下さる先生にその思いが伝わりますように…心を込めて解答を書いてね。諦めずに前進だよ!!Hちゃんの後期試験の実力発揮を心から、祈っています。自信を持って^_^最初の問題文読む読み方は、Hちゃんが話してくれたやり方でバッチリ👍けれども、その時々の状況判断も必要な場合あると思うので。でも、それが気づかないうちにHちゃんは、できるようになってる^_^よ。自分か気がつかないくらい一生懸命に取り組んできたんだよ。試験当日の無心で時抜けることを祈っています。^_^^_^^_^

|

« 国試真っ只中!応援しています。 | トップページ | 私立中学、合格おめでとう^_^ »

コメント

受験生へ浪人した者から 1.現役のときのセンター失敗 2.浪人を決めた理由 3.浪人時代の一年間の気持ち 4.自分の弱点とどう向き合ったか 5.森歯科に相談してよかったこと 6.気持ちが滅入ったときに言ってほしい言葉 7.センター前日の気持ちの対処 8.センター当日 9.前期前日の気持ちの対処 10.前期当日 11.自分が思う合格の秘訣 12.今年のセンターに向けて コメントさせていただきました。
1.現役のときのセンター失敗
国語ができないからといって国語に時間をかけすぎたら他の教科が出来なくなってしまいました。
2.浪人を決めた理由
現役のとき私立に合格しましたがお金のことを考えて入学しませんでした。国公立はセンターがとれなかったので全て不合格となり浪人になりました。
3.浪人時代の一年間の気持ち
3〜4月・・同じ高校の知り合いの人たちも浪人したので傷の舐めあいをして笑い話になったのでつらくはなかったです。
5〜6月・・受ける模試がまだ、現役生とは大きく差があったので不安はありませんでした。
7〜8月・・だらけないようにするため勉強スケジュールをきつくしたら一瞬で夏休みが終わったという感じでした。
9〜10月・・現役生が伸びていることがわかり少し不安を感じました。
11〜12月中旬・・去年センターで大失敗をしていたので、理系でしたが去年より早めにセンター対策を始めました。だから、センター対策しなきゃという切迫感はなかったです。
12月中旬〜センター・・不安でいつもよりごはんが食べられなくなりました。勉強してないときはいつも不安でした。裏を返せば勉強しているときが最も不安を感じませんでした。
センター後〜前期・・センター終わって3日ぐらいは部屋の整頓、願書作成などをして気持ちを落ち着かせました。前期が近づくにつれて問題の今まで気にならなかったところが急に気になり始めたので先生に質問して解消しました。
前期終了〜中期・・前期試験が大失敗した(大失敗は後述)と思って落ち込みました。2日ぐらいたってから気持ちが落ち着き、中期の勉強をし始めました。
中期の次の日の前期の合格発表・・落ちたと思っていたのでインターネットで自分の番号見たとき嬉しさもありましたがあり得ないと思い笑っていました。周りの人の支えと願掛けの力を感じました。
9月〜合格までは夏休みと同様一瞬で終わったように感じられました。結局、浪人生活は一瞬のように感じられました。このことは浪人を決めた春のときに先生から言われてました。
4.自分の弱点とどう向き合ったか
苦手であることを素直に認めて他より多く時間を割きました。
5.森歯科に相談してよかったこと
自分の性格にあったアドバイスをもらえて楽になりました。迷っている人はできるだけ具体的に自分がどんなことに不安を感じているのか相談すると絶対によいアドバイスがもらえます。
6.気持ちが滅入ったときに言ってほしい言葉
自分は「自分のことだけに集中」という言葉でした。
7.センター前日の気持ちの対処
寝る前は「ほどよい緊張」と「少し楽しみ」という感じでした。横になったらいつもは寝られるのに寝られなくなりました。僕は理系で一日目の開始時刻が遅かったので夜更かししてでもいいから眠くなるまで勉強して、寝ることができました。
8.センター当日
解きはじめは緊張していつもよりスピードが遅く、頭に入らない感じでした。だから問題文を口を動かして、周りに聞こえないくらいの大きさで読みました。解いているうちに自然と、いつものペースで解いていました。数学では、ある大門においてその問題の前半で計算ミスをしていることはわかっていましたが、どこからしているのか見つけられなくなりました。18点なくなる、時間がない、努力が無駄になる、という焦りで頭が真っ白になりかけました。その時「後ろの問題完璧じゃなくていいや」と思って楽にしたらミスが見つかり失敗は免れました。よかったです。ちなみに、休憩のときはいつも外で軽く体を動かしました。前期試験もそうしました。
9.前期の前日の気持ちの対処
暗記事項のチェックに必死で不安はあまりありませんでした。センターで少し、緊張慣れしていたと思います。
10.前期当日
森歯科のホームページのメッセージを見て、できると思い会場へ行きました。センターのときと気持ちは基本同じですが一番違うのは二次では捨て門を選ばなければいけないことでした。本番はいつもより捨てるのに気持ち的には躊躇しました。なぜなら自分の人生がかかっているからです。理科で300点中120点ぐらい白紙で出しました。120点のうち35点は練習でもやったことがありませんでした。そのため試験が終わったあと落ちたと思いました。しかし、試験中は諦めずに解ける問題はしっかり解きました。それが合否に影響したと思います。
11.自分が思う合格の秘訣
僕が教えてくださった先生でこんなことを言っていました。「合格者の上位2割ぐらいは現役生や1個上の大学のランクの人が多い。なぜならその人たちは元々頭がよいから。残り8割はそんなに学力差はない。2割の人は相手にしてはいけない。8割に入るには他の人がやりそうな勉強(過去問や模試)とかやって普通に挑めばうかる。」先生はこのことをセンター後に言っていましたが僕は1年を通してこのような勉強法でよいと思います。なぜなら、みんながやりそうなことをやっておけば同じところで点をとり、同じところで問題を捨て、大きな点差はつかないと思います。自信を持って捨てることができると思います。あとは得意なところで加点してもらえば合格できるはずです。難しい問題より、みんなが解ける問題を確実に解くことが大事だと僕は2年言われ続けました。このことは人によって考え方は様々ですが僕はそう思っています。
12.今年のセンターに向けて
センターは点数も大事ですが二次に向けてのメンタルの問題も関わってくるので十分対策したほうがいいと思います。

投稿: | 2018年3月14日 (水) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国試真っ只中!応援しています。 | トップページ | 私立中学、合格おめでとう^_^ »